骨の整形で体系を美しく

お気に入りを見つけよう

フェイスライン、リフトアップは姿勢から!

女性はいくつになっても頬のたるみ、フェイスライン、美に対する意識に敏感です。エステや骨気、整体で『小顔矯正』などを様々試してみたところ、一貫していえるのは『姿勢』です。顔の歪みは生活習慣からくるもので、例えば食事の際、右側の歯だけでかむ癖があったり、寝るときは横向きで必ず決まった方向に寝るなど日々の習慣の積み重ねにより引き起こされます。そう考えてみれば、リフトアップについても日々の習慣でマッサージなどにより作り出されるのではないでしょうか?最近では動画サイトや雑誌、美容本などで、簡単で短時間でできるマッサージなどが紹介されています。こうした日々のちょっとした習慣で頬のたるみを予防・改善し、エステや骨気、整体などに通われている方はリフトアップ・小顔矯正の効果を持続に繋がるのではないでしょうか。

頬のたるみのリフトアップ法

年齢とともに気になるのが頬のたるみです。頬がたるんでくると、疲れて見えたり、老けて見えたり、女性にとってはうれしくない事ばかりです。また頬がたるむ事によって毛穴が下へ引っぱられ、帯状毛穴の原因にもなります。そこで簡単に出来る頬のたるみのリフトアップ方法を紹介します。まず最初は、サロンなどで小顔矯正を受けるという事です。プロによる施術ですので安心して受けられますし、何よりも自分では出せない効果が期待できます。プロにお任せ出来るのも楽チンで良いですね。しかし、サロンはお金もかかるし、行くのがめんどくさい、と言う人もいると思います。そのような方は顔のセルフエクササイズやマッサージがおススメです。たるみの原因の一つに筋肉の衰えがあります。その筋肉に働きかけるエクササイズやマッサージを行う事で改善を図る方法です。自宅で手軽に出来ますし、習慣にしてしまえば毎日行うのも苦にならないのではないでしょうか。

歯医者で、頬のたるみをリフトアップし小顔矯正も

年齢を増してくると、頬のたるみや毛穴の広がりなどが気になってきます。顎や頬のラインがぼやけてくるのは、老化を感じさせる非常に怖いポイントです。かといって、エステで小顔矯正をしたり、化粧品でリフトアップを狙ったりするのはお金もかかりますし、周りの人にもそんなことで悩んでいるのを知られたくなくて踏み出せない女性は多いのではないでしょうか。そんな時試してもらいたいのは、歯医者に行くことです。むし歯があってもついつい治療は後回しにしてしまったり、詰め物が取れてしまっても痛くなるまで放置してしまう事はありませんか。そういった状態だと、かみ合わせがずれたり、変に力がかかったりして、顔がゆがんだり、えらの所に要らない筋肉がついてしまい、顔が下に大きくなってたるんだように見えることがあるそうです。きちんと生えていない親知らずを放置することも非常に悪いそうです。私は去年から一年かけて、親知らずをすべて抜き、むし歯をすべて治しました。すると一年前より明らかに顎のラインがすっきりし、小顔になったのです。歯の治療ならだれにも文句は言われません。もししばらく歯医者に行っていない、という人がいたらぜひ一度検査に行ってみてはどうでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*