骨の整形で体系を美しく

お気に入りを見つけよう

年齢に合ったリフトアップ

私も30歳を過ぎ、ますますお肌の衰えが気になりだしてきました。20代後半くらいからすでに気にはなっていたのですが、最近ますます気になりだしました。頬のたるみは私はあまり気にはならないのですが、お顔全体のリフトアップにはかなり興味があります。もともとほうれい線が出やすそうな骨格の様でお顔の矯正してしまいたいとも思います。小顔矯正を以前受けたことがあるのですが、お顔の左右のバランスが日々の生活で悪くなるとのことでした。矯正を受けたばかりの時は確かに顎ラインがすっきりして、顔全体のバランスが良くなった気がしました。しかし、気を付けて生活しなければまたバランスがくずれてしまうとの事でした。バランスが悪いと、いろんな箇所が崩れやすいそうです。日々、気を付けながら矯正サロンに通って矯正してもらわなければなかなか素人には保つことが難しそうでした。

顔のリフトアップについて

わたしたちは年を取ると男性でも女性でも身体のいたるところがたるんできます。お腹や胸などの上半身から、おしりや足などの下半身にいたるまでたるむので身体のほうも気にはなりますが、身体は洋服などで隠せたり努力しなくてもなんとなくわからないようにカバーすることが可能です。しかし、頬のたるみなど顔にあらわれるたるみなどは隠しようがありません。隠すことができないのならば、リフトアップするしかないのですが長年かけて徐々に下がってきたわけなのでなかなか簡単にリフトアップというわけにはいきません。そんなときに気にとまったのが小顔矯正です。骨の歪みを治すことから、自然と顔のたるみも引き上がるみたいです。お値段的にあまり安いものではないようですが、最近では少し安めのコースなどもあるようだし、一度したら結構長い期間はもつみたいなので機会があれば一度くらいは試してみたいなと思いました。

重力に抗ってリフトアップ

頬のたるみをブルドッグと言ったりもしますが、不機嫌そうに見えるだけでなく実は顔が大きく見えるという問題もあります。エステサロンでは小顔矯正という本格的なものから、フェイスリフトといった比較的手を出しやすいものまでいろいろ行っています。フェイスリフトはその名のとおり顔をマッサージしてリフトアップすることで顔をひきしめて小顔を目指すものです。マッサージが心地よく、リラックスする効果もあるのでストレスの多い現代人には人気のコースだそうですよ。根本的な小顔効果を狙うならば、表情筋を鍛えて行う小顔矯正もあります。表情筋は通常30%しか使われていないといい、年をとるとともに使われていない部分がシワやたるみになってしまいます。骨や筋肉に圧力をかけながら矯正を行うことで顔の左右も対象になり、すっきりとしたフェイスラインを取り戻すことが可能です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*